私は、ユアスペランニングクラブが開催するランニングレッスン受講に際し、

下記内容について同意・遵守いたします。

1.インストラクター指導のもと、ランニングレッスンを受講し、私個人の責任で、安全に注意を払い、自らの身体的限界を超えない範囲でランニングレッスンを受講いたします。

2. 私の健康状態は現在良好であり、ランニング レッスン受講に何ら問題ないことを認めます。

3. (既にアレルギー体質の方、負傷中の方、疾病中の方、妊娠中の方、先天的あるいは後天的な理由で、身体機能の一部に障害をお持ちの方は)主治医の承諾のもと、ランニングレッスン受講時にインストラクターに申告します。

4. 前項に該当される方で、緊急の際に知っておいて欲しい応急処置がある場合は、ランニングレッスン受講前に必ずインストラクターに申告します。

5. ランニングクラブは、治療、診断を目的とした医療行為とは異なり、心身ともに健康を得る効果が期待できるものであることを理解し、アレルギー体質の治療目的や、疾患、負傷、疾病などの治療目的で参加しないことを承諾します。

6. 万一、ランニングレッスン中に体調などに異常が生じた場合は、直ちに受講を中断し、インストラクターに報告することを承諾します。

7. 万一、ランニングレッスン中に負傷、疾病などが発生し、罹病した場合、後遺症が発生した場合、死亡した場合について、自ら責任を負うことを承諾し、その原因の如何にかかわらず、ランニングクリニック関係者に対する一切の責任を問わないことを承諾します。

8. 万一、ランニングレッスン中に負傷、疾病などが発生した場合、医師および関係者が応急処置を施すことを承諾し、その応急処置の結果に異議を唱えないことを承諾します。

9. 私物の紛失や盗難などの責任は自ら負うことを承諾します。

10.如何なる場合でもレッスン料の返金は行わないことを承諾します。 

 

 

ユアスペランニングクラブ 規約

第1章 総則

第1条(名称) ランニングクラブ名は、ユアスペランニングクラブ (以下「本クラブ」という)と称します。

第2条(所在地)
本クラブは、株式会社ヴライ(内You're SPECAL, share your VOICE運営部門)を所在地とします。

第3条(目的) 本クラブは、会員の心身の健康増進並びに会員相互の親睦を図るとともに、地域社会における豊かで健康なコミュニティーづくりに寄与することを目的とします。

第4条(運営・管理) 本クラブの運営・管理は、You're SPECIAL, share your VOICE!(以下「組織」という)が行います。

第2章 会員

第5条(会員種別) 会員種別は、別途定めるものとします。組織が必要と認める時には 新たな会員種別を設置及び、廃止することができます。

第6条(入会資格) 本クラブの会員は、本クラブの趣旨に賛同し本規約、細則その他定める事項を確認した上、これらを遵守することを承諾した方で、次の各号の全てに該当する方とします。

(1)満年齢16歳以上の女性の方。

(2)健康状態が本クラブ参加に支障のない方。

(3)暴力団等に関わりを持たない方。

(4)他の会員のクラブ参加に影響を与えず、その他組織が適当と認めた方。

第7条(会員資格の取得) 本クラブに入会を希望する方は、所定の入会申込手続きを行い、 組織の承認を得た上で所定の入会登録料を組織に納入した時、会員資格を取得することができます。

第8条(利用者)

(1)組織は、会員が別途定める施設及びレンタル品を利用する場合には、別途利用料を徴収する場合があります。

第9条(会員資格の譲渡等) 会員資格は会員本人限りとし、その会員資格を他に譲渡、相続及び名義変更することはできません。

第10条(除名等) 組織は、次の各号該当の一つに該当する場合、会員資格の一定期間停止または除名することができるものとします。

(1)本規約、その他組織の定めた事項に反する行為があったとき。

(2)会員IDを第三者に使用させる等不正を行ったとき。

(3)クラブ活動時に物品販売、宣伝広告、政治活動、署名活動、個別指導の営利行為を行ったとき。

(4)施設等を故意または重大な過失により破損したとき。

(5)その他会員として相応しくないと組織が認めたとき。

第11条(届出事項の変更等) 会員は、氏名、住所、連絡先及びその他入会申込書記載事項に変更が生じた場合には、速やかに組織に届け出るものとします。変更届の未提出による組織からの通知等の不備に関する一切の責任は会員が負うものとします。

第3章 運営・管理

第12条(運営・管理)

(1)本クラブの運営・管理は組織の責任において行います。

(2)会員は、クラブの運営・管理について関与できません。

(3)組織はクラブの利用規定等、運営・管理に関与する規則を定め、且つこれを変更することができます。

第13条(規約等遵守の義務) 本クラブ利用者(以下「利用者」という)は、本規約及びその他組織が定める運営・管理に関する事項を遵守しなければなりません。

第14条(施設利用の制限)

(1)組織は次の各号の一に該当する方の利用を禁止するものとします。

1暴力団関係者及び本スタジオが不適当と認める方。

2伝染病、その他、他人に伝染または感染する恐れのある疾病を有する方。

3飲酒等により、正常なクラブ参加ができないと認められた方。

5医師等により運動を禁じられている方。

(2)組織は、次の各号の一に該当する方の施設利用に際し、医師による診断書の提出を求めることができます。また、必要と認められた場合には、クラブの参加を禁止するものとします。

1現在治療中の方。

2現在投薬中の方。

3心疾患、高血圧症、糖尿病、整形外科疾患等の既往歴のある方。

第15条(責任事項)

(1)利用者は、自己責任と負担においてクラブへ参加するものとします。

(2)組織は、利用者に発生した傷害、盗難等の人的、物的事故並びに、既往歴の有無を問わず、利用者に発生した疾病その他一切の身心の症状について一切の責任を負わないこととします。

(3)利用者がクラブ活動時に関係者または第三者に損害を与えた場合は、その賠償責任を負うものとします。

第16条(ID、パスワードの管理) 会員は、自らの責任においてID及びパスワードを管理するものとします。 会員のID及びパスワードを用いてなされた一切の本サービス利用行為は、当該会員本人によって行われたものとみなします。

第17条(利用設備) 会員は、自らの責任と負担において本クラブへ参加できる適切な利用環境(機器・ソフトウエア等)を用意するものとします。

第18条(不保証) 本クラブは、本サービスの提供に万全を期しており、本サービスに不具合、不備、ウィルス等の瑕疵が発見された場合には本クラブの相当と認める措置をとりますが、本クラブは、本サービスの提供にあたり本サービスに瑕疵が存在しないことを保証するものではありません。

第4章 その他

第19条(料金の改定) 組織は、経済情勢の変化、その他の事由により、会費等の料金を随時改定できるものとします。

第20条(細則等) 本規約に定めのない事項並びに運営上必要な事項は、別途細則等で組織が定めるものとします。

第21条(閉鎖) 組織は次の場合、本クラブを閉鎖することができます。この場合、すべての会員は退会とし、何等の異議申立をすることはできません。また、組織は会員に対し、特別の補償は行わないものとします。

(1)法令の制定改廃または行政指導により運営が不可能になったとき。

(2)災害その他により施設の被害が大きく、運営が不可能になったとき。

(3)著しい社会情勢の変化、その他やむを得ない事由が発生したとき。

第22条(改訂) 組織は、本規約を必要に応じて改訂することができるものとし、その 効力はすべての会員に及ぶものとします。

第23条(その他) 本規約に定めなき事項並びに業務運営上必要な事項は、組織がこれを定めるものとします。

第24条(施行) 本規約は、2021年3月1日より施行いたします。

細則

第1条(事務手数料、会費、利用料金等) Iユアスペランニングクリニック(以下「本クラブ」という)の定める規約の第7条・第8条に定める会費、利用料等は別に定めるものとします。

第2条(営業時間)

本クラブの営業時間は7:00~18:00までとします。

 

第3条(活動休止日) 

(1)   本クラブは機器の点検、修理ならびに調整等本クラブの管理運営上やむを得ない場合は、別途会員に掲示または通知した上で、臨時に休止日を設ける、または利用制限できるものとします。

(2)   年末年始、夏季等の活動休止日については、別途掲示または告知するものとします。

(3)   メンテナンス日の増加、変更、臨時メンテナンス日を設定する場合、本クラブは会員に対する補償を要しないものとします。

(4)   前各項の場合会員は、本クラブに対し、異議申し立てをすることや権利の主張をすること、その他一切の請求をすることができないものとします。

  

第4条(利用の範囲) 会員は、本クラブで活動することができるものとします。但し、イベント開催時等は別途会員に予約を求めるほか、その利用時間を制限することがあることとします。

 

第5条(届出) 

(1)   会員は退会、休会、ならびに会員種別を変更する場合は、組織所定の届出を提出するものとします。

(2)   これら届出が無い場合は在籍となりますので、本クラブの利用がなくても通常の連絡・通知等が発生します。

 

第6条(細則の改定ならびに効力) 本クラブは社会経済状況の変化に対応するため、入会条件、利用条件等を変更する必要がある場合は、随時本細則を改訂することができるものとし、その効力は全てに及ぶものとします。この場合会員は、細則の改定に対し、異議申し立てをすることや権利の主張をすること、その他一切の請求をすることができないものとします。

 

第7条(施行) 本細則は2021年3月1日より施行いたします。