小倉遥さん

 フィットネスクラブ本部

ランニング歴:5年

Born / 1987

​Home town /愛知県

​Hobby /ランニング

Favorite running spot /奥武蔵

​Running frequency /週5くらい

今回のインタビュー・撮影は今年2月に行いました。

 

現在は新型コロナウイルスの感染防止のため

写真のようにマスクなしで誰かと一緒に走ることが難しい状況ですが、

 

この新型コロナウイルスが収束し、

またこの日のように笑って走れる日が早く来ることを願い、

通常通り記事を公開させていただきます。

ご了承ください。

2020.5.11

Instagramを拝見していますが、毎日本当によく走っていますよね!

走ってますね。

平日は通勤ラン、週末休みも走りに行くか、アートスポーツ(スポーツショップ)に買い物に行くかです。

 

生活の全てがランニングなんですね。

全てランニングですね~!笑

 

どんな練習をしているのですか?

平日は会社からの帰宅を走る時間にあてていて、ランニングしながら帰っています。

夜9時までに退勤ができれば走って帰りますね。

あとは2週間に一回、週末に※1峠走か※2トレイルランニングに行きます。

※1・・・峠走/山道の舗装路を走るトレーニング。登りは心肺機能を高め、下りでは脚力強化の効果が高まる。

※2・・・トレイルランニング/山道など未舗装路を走るランニング。略してトレランと言うことも多い

 

ほぼ毎日走っているのですね。ウエアの洗濯、大変じゃないですか?

会社が私服でOKなので、トレーニングウェアで出社しているんです。

そのまま走って帰るだけなので洗濯量は変わらず、そんなに負担にならないですよ。

私が常にジャージでいるので、時々ジャージじゃない服で会社に行っても、

「今日も走ってきた?」って言われるくらいです。笑

 

もう、小倉さん=トレーニングウェアっていう認識が周りに刷り込まれているのですね!笑

本当ですね。笑

 

人ができないことにチャレンジするのが好き

週末は山にも走りに行くようですけど、※3ロードとトレイルどちらもやるんですか?

どちらもやります。

どちらかにこだわっている訳ではないのですが、

人ができないことにチャレンジするのが好きなので

長い距離を走ったり、過酷な山に挑戦したり・・・そういうスタイルでやっていますね。

普通の人なんだけど、”この人こんなことできるんだすごいなぁ”というのを目指しています。

※3・・・ロード/舗装路走ること。一般的にイメージされるフルマラソンはこちらをさすことが多い

 

走り始めたきっかけはなんだったのですか?

高校までは水泳をやっていたんです。

小学4年生の頃には選手コースにスカウトされて県大会とかを目指していたのですが、

徐々に記録が伸びなくなってきて、「長距離を泳げ」と言われるようになったんです。

それで競技の距離が伸びていって、初め100mだったのが400m、800mとなり・・・

それでも結果がでなかったんですよ。

高校1年生の時に「そんなに長い距離泳げるんだったらトライアスロンをやれば」と言われたんですね。

それでトライアスロンを始めて、その時に初めて走ったんです。

でも、走るのが遅すぎて。笑

水泳部なのでスイムでは速いんですよ。だからスイムを上がってくるときは上位なのに、

バイクは平凡でどんどん抜かれ、ランでほぼ全員に抜かれ・・・といった感じでした。笑

 

そうなんですね。

それがすごく悔しくて、「走る練習をしよう」と思って走り始めたのが最初ですね。

高校1年生の時です。

でもその後ランニングが続いたかっていうとそうではなくて、

人と競う競技というものが嫌になってしまったので大学時代は※4ファンランで時々走るだけになり、

就職してからは仕事が忙しすぎて完全にスポーツ自体をしなくなりました。

​※4・・・ファンラン/マイペースに楽しむことを目的にして走るランニング

そこからなぜ再び走ることに?

社会人3年目に結婚をしたんですけど

それで環境が変わったのと、仕事も3年目くらいで責任が増えてもっと忙しくなり、

体調を崩したんですよ。

メンタルをやられてしまったんです。

さすがに運動をしないと自分が壊れるなと思って、

すぐにできるランニングをもう一度始めたって感じですね。

 

走ることで気分は変わりましたか?

いや、当時体調を崩していたのもあるのですが、

久々に走ったら全然走れなくて・・・遅すぎて自分が嫌になってしまって。

 

気分転換のために走るつもりが、また嫌になってしまったのですね!

そうなんですよ。笑

でも、やらないよりは良いかなぁと走ることは続けていたら

だんだん体や気持ちの調子も上がりました。

そうなるまでにトータルで1年くらいはかかりましたね。

 

楽しい気持ちで走れるようになるまでに1年?よく続けましたね!

ね。笑

 

続けられた理由は?

仕事以外の何かに集中したかったのですかね。

頭を切り替える時間が欲しかったのだと思います。

 

ご結婚したてのタイミングでもあったかと思いますが、ご主人とランニングの話とかしました?

あ、旦那さんも走るんです。ランニングがきっかけで出会ったので。

 

そうだったのですね!じゃあ一緒に走ることもできますね。

旦那さんがトレランをやっていたので、出会ってまず最初に誘われたのがトレイルの大会でした。

 

お、まずトレイルだったんですね!

ロードの大会よりもまずトレイルだったんですよね。

「山を走る面白い大会があるから一緒に行こう」って誘われて。笑

なんだそれ?!って感じだったのですが、

トレイルについて何も知らなすぎて「良いよ~」なんて言ってエントリーしちゃったんです。笑

忘れもしない赤城山トレイルラン。15キロの大会でした。

 

レースに出てみてどうでしたか?

いやもう、二度とやるか!と思いましたね。笑

コースが山を登って降りてのほぼピストンで、とにかく山を登るんです。

「どこまで登るのこれ、走るところが全然ないんだけど!」って思いました。

それまでロードしか走ったことがなかったので・・・

 

旦那さんは一緒に走ってくれたんですか?

いや一緒に走ってくれなくて。

 

えー!笑

最初の2,3キロは、コース上でランナーが※5渋滞していたのもあって一緒にいてくれたんですけど、

その後は「ちょっと俺先に行くわ!あと頑張って」と言って走り出しちゃって。

「え?!」っていう。笑

※5・・・渋滞/マラソン大会のスタート直後や細道では、ランナーがコース上に集中し渋滞が発生することがあります。

じゃあ、一人で初めてきついトレイルを走ったわけで・・・楽しいところはゼロ?

うん、楽しいところはなかったです。笑

ずっと、「なんだろうこれ、この競技なんなんだろう・・・」って思いながら走っていました。

今でもどうしてトレイルを続ける決断をしたのか、思い出せないんですよね。笑

 

そんな始まりだったのですね。

本当に続けた理由は覚えていないんですけど、多分もう少し走れるようになりたかったんだと思います。

 

できるようになりたい、乗り越えたい!っていう気持ちですか。

そうですね。

 

それからまた何かトレイルの大会にエントリーはしたんですか?

しました。

次にエントリーしたのは戸隠の大会で、28キロのコースでした。

 

距離が長くなってるー。笑

やっぱり何かを乗り越えたかったのかもしれないですね。笑

 

チャレンジ精神ですね

そうですね、まずやってみる、っていう。

 

戸隠の大会はご主人と一緒に走れました?

戸隠でも先に行かれちゃったので、一人で走りました。笑

最初のピークまでは一緒に行ったのですが、

そこからの下りが気持ちいいところで「じゃあ行くわ!」ってまた先に行っちゃって。

 

そうなんだ~笑

でも戸隠では完走できた達成感がすごくありました。

あ、トレイルってこういう競技なんだ、という楽しさみたいなものをその時にやっと理解できた気がしますね。

 

トレイルの好きなところは?

自然の中が気持ち良いっていうのももちろんあるんですけど・・・

元々、”速く走れなかった”っていうコンプレックスがあって

走って人と競うのが好きになれなかったんですよ。

だからフルマラソンもずっと避けてたし。

でも、山だったら自分のペースで走っていいし、歩いてもいいじゃないですか。

 

確かにトレイルって、タイムよりもまず「あんな山を走ってすごいね!よく頑張ったね!」っていう評価をしてもらえますよね。

そうそうそうそう。そっちの方が引き立つから、タイムを意識しないでいられますよね。

 

小さい頃から競泳で人と競うってことをずっと続けてらしたから、競うのはもういいかな、っていうお気持ちもあったのですかね?

それはありますね。

タイムとか、誰かと戦うとか・・・ちょっともういいかなとは思っていて。

自分に負けなかったらいいかなって。

place:Coffee Supreme Tokyo

5年計画の大きな目標に向けて

今やりたいことはありますか?

去年までは目標が100マイル(約160km)完走だったんです。※6UTMFで100マイラーになりたくて。

2年程前からコツコツ練習をして昨年参加したんですが、悪天候で中止になっちゃったんです。

でも114kmまでは走れたので、ゴールまで行けそうなイメージはついたんですよね。

なのでまだ正式に100マイラーにはなれていないんですけど、

もっと目標を先に置いてもいいなって思うようになりました。

なので今は「※7トランスジャパンアルプスレース(TJAR)」という大会に出ることを目標にしています。

8日間かけて日本海から太平洋まで400キロ走るレースです。

※6・・・UTMF/ウルトラトレイル・マウントフジ (ULTRA-TRAIL Mt.FUJI) 富士山を中心にして周辺の山々を走り繋ぐ。累積標高差は8000m、制限時間は46時間。

うわぁー400キロ、8日?!

はい。

それにまず出る、っていうのが目標です。

 

エントリーするにはポイントが必要なんですか?

ポイントじゃないんですよ。

もっと厳しくて、参加資格としてまず

・フルマラソンのタイム(※7ウルトラマラソンでも可)

・山の中での経験数や行動スピードの審査

・地図読み能力

こういう基本的な基準をクリアする必要があります。

その上で書類選考があり、そこでまずは60人くらいに絞られるんです。

絞られた60人はその後実地の試験を受けます。

​※7・・・ウルトラマラソン/フルマラソン(42.195km)よりも長い距離を走るマラソン。

 

 

さらに審査が。厳しいですね!

そうなんです。実地では※8ツェルトを速く正確に立てられるか、地図がちゃんと読めるかなどを見られます。

実地をクリアしたら、最後は抽選で30人になるんです。

​※8・・・ツェルト/登山用の小型テント。

 

 

最後は抽選?!運も必要なのですね。

すごく狭い門なのですよ。

出るだけでも大変っていう。

 

本当ですね。審査内容も、もはやランを超えてサバイバルですね!

そうですね。

コースの各ポイントにレーススタッフはいますけど、基本自己責任なので。

アルプスを走ったりもするので、亡くなる人もいるくらいなんです。

 

そうか・・・。出場人数が少ないと思ったけど、やはりそれくらい厳しいレースなんですね。

そうなんです。

まずは参加資格を得るための(ウルトラマラソン:10時間30分以内 or フルマラソン:3時間20分以内)

走力をつけるために毎日走っています。

 

練習内容は結構タフになりますよね。スピード練習に加えて、距離も走れるようにならないといけないから。

そうなんです。

だから5年計画にしています。

大会が2年に一度の開催なので(今年2020年は開催年※)、

4年後の2024年になんとか出たいと思っています。

​※新型コロナウイルスの影響により中止が決定

その時までにしっかり準備をして仕上げておくことが大事になってくるのですね。オリンピック選手みたいだ。

そうですね。笑

旦那さんも出たいと話しているので、2人で一緒に目指してはいます。

多分2人同時に抽選に当たるってなかなかないし(今までこの大会に夫婦が一緒に出走した例はない)、

そもそも女性の完走者も過去に5人しかいないので私が当たる方がハードルは高いと思うんですけど・・・。

 

それでも大きな目標へ向けご夫婦一緒に頑張れるのっていいですよね!

目標に向けて努力を続けるコツや、工夫はありますか?

小さい目標をたくさん作る!

私の場合は5年計画だけどもっとブレイクダウンして、

”今週は50キロ走る”とか決めて、やり続けています。

 

なるほど。では、そのように細分化した11つの目標をやり切るコツは?

迷ったらやる。最初のワンアクションを必ず起こすこと。

これが大事だと思いますね。

仕事から帰って22:30で、「今日走るか、どうするか・・・」なんて思っても、

とりあえずランニングシューズを履いて外に出てみる。

走り始めちゃえばやるから。何事もそれが大事かなって。

 

なるほどー。まずやる!これが大事ですね。

私が拝見していたSNSの投稿も、そうした積み重ねの一部だったのですね。

大学時代に運動生理学を学んでいて、そこでの知識を自分の練習にも使っているんですよ。

Instagramは走ったその日の状態記録をするイメージで投稿しています。

ノートの代わりとして、走って気づいた事や経過を書いているんです。

レースの振り返りはブログで。

レースに向けてこういう準備をして、結果こうだった、などとメモしていますね。

 

練習は人体実験?!

そうなんだ。運動生理学に基づいて記録までとって・・・

一番は自分に負けたくないからやっているのですが、

もう一つやっていて面白いなと思うのは、この経験を人体実験だと思っているところ。笑

長ければ長いほど、レースも練習の過程も、やったことに対して結果が出てくるじゃないですか。

 

なるほど。

偶然はない、というのが持論なんですけど・・・”世の中全て科学で説明できる”という考えは昔から自分の信念としてあって。

スポーツって根性論が多いじゃないですか。

でも、理論に基づいて全てを組み立てたら、根性論の人にも簡単に勝てると思うんです。

量だけ積み重ねたら速くなるって訳でもないし、

時間がない中でいかに効率的に練習をしてパフォーマンスをあげるか。

レース中もパフォーマンスを最大にするために、

今持っている能力をどう使ったら目指すところにたどり着けるかとか・・・

計画を緻密に立てるのが好きなんですよね。

 

面白い発想!毎日走ってるのって根性論で捉えられがちですけど、小倉さんの中身は全然違うんだ。

実はすごく考えて走っているんですよ。

 

小倉さんがランニングを始めて得たものはありますか?

大抵のことは努力すればできる、という自信かな?

最初「無理かも」と思うことでも、しっかり計画を立てたり、

コツコツ積み上げればなんでもできるようになるなっていう自信がつきました。

これは人生にとってもプラスになったと思っています。

 

小倉さんにとってランニングとは?

_DSC4461.jpg

〜後日談〜

新型コロナウイルスの影響により、世界各地のイベントが中止になっています。

マラソン大会も例外ではありません。

上記インタビュー内で目標を定めて練習していると語ってくださった小倉さんに、

​現在の心境をお伺いしました。

1つの目標としていたUTMFも中止になってしまいました。
もう、世界がこのような状態なので、仕方ないです。

今の心境は…と聞かれてもちょっと難しいですね。。
現状、1人の人間の自己実現のための大会より、たくさんの方の命を守ることの方が大切。
同じくTJARも延期(開催時期は未定)になりましたが、

日常生活ですら正常に送れない状況で大会開催なんて今年は難しいと思っていましたので、両大会の主催者の早めの判断は、英断だったと思っています。

個人的な話をすると、練習期間が延びてホッとしている、というのが正直なところです。
このコロナ騒ぎにより本業はてんやわんやで、深夜残業も続いていました。
2月頃から自粛ムードは始まっていましたので、

県をまたぐ移動をしないようにしていて、山にもしばらく行っていません。
人がいない場所や時間を選んで近所を走ることは続けていますが、
それでも体力を維持するのが精いっぱいで、言ってしまえば練習不足ですよね、、

1月から雑誌の企画で始めたマフェトントレーニングがようやく軌道に乗ってきました。
まだまだ成果を十分に感じられるというレベルには到達しておらず
伸びしろも感じ始めたところ。
あと1年あれば、もう少し自分のパフォーマンスレベルを上げられそうなイメージもついてきました。
今年は地道にコツコツ、土台を作る1年にしようかな、という感じです。

​Haruka's Running Items

01/

今治タオルの手ぬぐい/みきゃん・バリィさん

出張が多いので各地のゆるキャラの手ぬぐいを集めています。

愛媛のバリイさんが今のお気に入り。

05/

Oakley/RadarLock

カスタムで作りました。ピンクとグリーンの組み合わせがマイカラー。トレイル用とロード用で2本持っています。

02/

Answer4/Power Grid Full-Zip Hoodie

※Best of favorite item!

汗抜けがよく保温もしっかりしてくれる機能性抜群。

ジップが口元までくるのでバラクラバにもなるのもよいです!

06/

Garmin/ハートレートセンサー

心拍トレーニングがメインなのでいつも持ち歩いています。

腕で測る光学式より正確なので測定ミスのストレスがない。

03/

岡山の児島で買ったデニム生地のポーチ

出張に行ったときはご当地ものをつい買ってしまう。

07/

Altra/One V3

足指の開放感がたまらない。

気合を入れずにゆるく走りたいときはだいたいこれです。

04/

Answer4/FOCUS Light

※Best of favorite item!

何よりフィット感のよさ!胴まわりの細い女性でもジャストフィットするので走りながらブレるストレスが一切ありません。

お風呂セットを入れて銭湯を目指して走るのが小倉家の週末の遊び。

※Best of favorite item!

​【Answer4/Power Grid Full-Zip Hoodie

※Best of favorite item!

​【Answer4/FOCUS Light】​

​Haruka's Beauty Items

01/

洗顔ネット

ランナーは紫外線を浴びるからスキンケアとちゃんとしないと老け顔になるよ!と友人から教えていただいてから、ずっと持ち歩いています。基本ケアは雑だけど、日焼け止めをちゃんと落とすために顔だけはふわふわの泡でちゃんと洗います。

02/

Curel/日焼け止め

特にメーカにこだわりはないですが、ザックに入れるのにコンパクトなので。

03/

Biore/洗顔

これもこだわりはないです。大会に出た時に持っていくのを忘れて、どこかのコンビニで買ったもの。

04/

エッセンシャル/シャンプー

銭湯の石鹸で洗うとさすがに髪の毛がバリバリになるので、旅行用を持ち歩いています。ブランドにこだわりはないです。

05/

エッセンシャル/コンディショナー

これもシャンプーと同じ。

もう少し気を使った方がいいのはわかっているのですが…

​今回のゲスト:小倉遥さん

Instagram:@halu.chan_

Thank you for your cooperation! Coffee Supreme Tokyo

photo:Kouki Okoshi text:Airi Osugi

  • Instagram

Copyright (C) 2020 You're SPECIAL, share your VOICE. All Rights Reserved.

  • Black Instagram Icon